ヤミ金融で借りてしまったお金は弁護士に相談して過払い金を請求するのが解決への早道!

違法金利で貸し付ける特徴の闇金融で借りたお金は、基本的に返済義務を負う必要はないので、執拗な取立をされても一銭も支払わない事が大切です。
ただ闇金は、夜間や休日でも平気に家や職場を訪れて返済を迫ってくる特質がありますし、間違って完済したとしても、再びお金を振り込んでくる悪質な手口も展開してくるので、一切関りを持たないためにも縁を断ち切る対処をきちんとしないといけません。

 

闇金トラブルを解決する方法としては、身近にある交番や警察に相談するのが一番に思いつく案ですが、実際に多大な被害に遭った事を明確にできない限りは、取り締まりに積極的に動いてくれないケースがほとんどです。
従って、闇金融での借金トラブルを早期に解決するのに是非利用したいのが、債務整理問題を扱っている弁護士事務所です。

 

弁護士には消費者金融やクレジットカードなど借金返済の請求取り立てを強制ストップさせる権限があるので、過払い金請求の手続きを依頼してしまうのが手っ取り早い解決法になります。
過払い金請求では最後に借入した日から10年間、金利20%を超えて借りたお金を取り戻せる法的措置が認められてるので、完済した借金でも闇金融の銀行口座を凍結して強制支払いさせることもできます。

 

尚、闇金融を上手く見分ける方法ですが、090から始まる携帯電話番号で営業してる貸金業や、無審査で即日融資OKとネット広告を安易に出してる所は殆ど該当するので要注意です。
中小の街金融と区別がつかない時は、正規の貸金業の登録番号や会社の住所が記載されているかきちんと確認し、一度電話で問い合わせてみるのも闇金に引っ掛からない対策になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>