外国人がキャッシングを利用するための条件とは

外国人であっても、条件が揃っていればキャッシングを利用することができるのは日本人のキャッシング利用と何ら変わりありません。

ただし、その条件が日本人がキャッシングを利用する時と少し違った条件も含まれています。外国人がキャッシングを利用する条件は主に4つあります。
一つは20歳以上で安定した収入があることです。この条件は日本人であっても外国人であっても変わりません。

安定した収入がなければ返済能力がないと判断されてしまいます。そして、金融機関の審査基準に沿った審査に通らなければなりません。

 

二つはある程度以上の日本語の理解や日本語を書く能力が求められます。

キャッシングの際の書類などを理解することができることや金融機関の担当者と日本語で会話できるぐらいでないと厳しい可能性が高いです。

 

すこしの日本語の会話ができるくらいの能力では足りていないと考えられます。

 

三つは在留カードなどの証明書が必要です。具体的には在留カードか特別永住証明書が必要となり、これらの書類によって旅行者や違法在留でないことを証明することになります。

日本人であってキャッシングを利用する際には身分証明書や在籍確認が必要であるの同じようなものと言っていいでしょう。

 

最後に在留カードや特別永住証明書を持っていても、日本にどのくらい在留しているのかは重視されます。

日本に入国してから1年から2年以上経過していないと審査に通らないと言われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>