いくつかの仕組みでお金を借りられます

大学生でもお金を借りる必要がある場合、必要性に迫られる場合があります。

そんな時にも実は働いていなくてもお金を借りることが出来る手段がいくつかあります。それをいくつかご紹介していきたいと思います。

 

まずは、学生ローンです。学生証、住所などを示す身分証明書は必要になりますが、学生金利でお金を替えいることが可能です。もちろん、貸付に当たっての金利は通常の市中金利より高かったり、限度額も制限があり
ますので確認が必要です。

 

次にクレジットカードのキャッシングです。今は学生でもクレジットカードの作成が可能です。そのカードをベースにしたカードキャッシングを行うことによって、学生でもお金を借りることが可能です。

 

こちらは学生単独で作ったクレジットカード、もしくは家族の名義で作った家族カードのどちらでも同じことです。
家族に内緒でお金を借りることが出来ませんが、公なローンとしてお金を借りるという意味では安心感があるかもしれません。そして、こちらは完全に公的なお金を借りる仕組みとしてさまざまな奨学金です。

 

こちらは仕様用途が学業ということに限られますが将来的な収入をベースにして返済を行うことが出来るので学生としては負担が少ないこともあり、長期で返済プランを考えられるメリットは大きいと思います。

 

いくつかの奨学金がありますので選択肢の幅も広いといえるのではないでしょうか。学生という立場でも様々なスキームでお金を借りる仕組みはあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>